仮面ライダークウガの魅力と内容

仮面ライダークウガは、2000年1月30日〜2001年1月21日まで毎週日曜日午前8:00〜テレビ朝日系で放送されていた平成仮面ライダーシリーズの第1作目となる作品です。
仮面ライダークウガのモチーフはクワガタムシとなっていて、漢字表記では空我となっています。
この仮面ライダーは過去のシリーズとの繋がりもいくつかあり、ファンサービスになっているのではないでしょうか。
仮面ライダークウガでは、以前の仮面ライダーにあったような改造人間や戦闘員、地球の支配を目的とする悪の軍団という設定がなくなっています。
仮面ライダークウガ放送の頃には、医療技術などで臓器移植も行われるようになっていました。
このことから、改造人間を描写するには躊躇があり仮面ライダークウガには一切改造人間という言葉や設定は使われていないのです。
仮面ライダークウガでは、今までの特撮ヒーローにはなかった”新たな試み”がたくさんあります。
たとえば、ワザの名前を叫ばない、仮面ライダークウガが警察と協力している、などなどです。
一般的なドラマ視点も重視しているのも珍しく、1話30分内では完結することができないため、2話で1つのエピソードとなっているのも仮面ライダークウガの特徴になります。
この2話で1つのエピソードというスタイルは、仮面ライダークウガ以降の作品にも用いられるようになっています。
仮面ライダークウガを見たことがありますか?
実はこの番組、時間の経過がとても緻密に計算されているのです。
そのため、シーンがひとつ変わるごとに劇中での時間と場所をしっかり表示する形式になっているのです。
緻密に計算されているので、劇中の時間、そして経過にはすべて整合性が取れているものになっているので違和感なく見ることができるようになっています。
ですが、電車やバスなどが登場するお話ではこの劇中での時間を現実の時刻表に合わせなければならなくて、分単位での時間調整が重要になっているのです。
仮面ライダークウガは、とても細かい場所までこだわって出来た作品になっています。

放送が終了して9年になりますが、それでも色あせることなく現在でも人気のある仮面ライダーシリーズのひとつとなっています。
クウガのストーリーは、小さなお子さんはもちろんのこと大人が見ても大変面白いものになっているので、ぜひこの機会に仮面ライダークウガをDVDなどで楽しんでみてはいかがでしょうか。

仮面ライダー555の魅力と内容

仮面ライダー555は、平成仮面ライダーシリーズの第4作目で2003年1月26日〜2004年1月18日までテレビ朝日系で放送されていた番組です。
この番組では、今までの作品では描かれることのなかった怪人側にもスポットが当てられていて、人間から怪人へと変わってしまった苦悩などもしっかり描かれています。
怪人の中にも正しい心を持つものがいたり、ライダーに変身する人がいつも善人とはいえなかったりと善悪二元論では語りきれないようになっていて、仮面ライダー555では人間と怪人の共存がメインテーマとなっているので、改心できる怪人にはとどめを刺さないというスタンスになっています。
仮面ライダー555の変身装置は携帯が可能になっているベルトなので、このベルトを巡っての争いも見ものとなっています。
仮面ライダー555の脚本家は、3本のベルト物語や、主人公はベルトと呼んでいるようです。
仮面ライダー555は、仮面ライダーアギトとのスタッフが共通していて、仮面ライダーアギトと555が被ると非難の声もあるようでした。
仮面ライダー555では、携帯電話をモチーフにしたファイズドライバーなど変身ベルトのおもちゃは、なんと100万本以上を売り上げる大ヒット商品となったのです!
仮面ライダー555は、メカニカルなライダーとなっていて、この劇中に登場する仮面ライダーはギリシャ文字をモチーフとしているそうです。
変身をするときはファイズドライバーをつけてファイズフォンに変身コードを入力。
変身コードは555になります。
そして、エンターを押すと変身することができるようになっています。
仮面ライダーになる素質を持っている人であれば、コンプリートという音声と共に変身することができるのですが、素質を持ってない不適合者が変身しようとするとエラーという音声と共に弾き飛ばされてしまうのです。
仮面ライダーカイザの変身コードは913となり、ファイズよりも高出力になるので瞬発力に劣るもののパワーは勝っています。
仮面ライダーデルタの変身コードは333、ファイズ・カイザよりも高出力になるのですがこの構造はあまり練られていないそうです。
他の仮面ライダーとは少し異なるようです。
仮面ライダー555はテレビ放送された本編のほかに、映画化されています。

この映画には仮面ライダーサイガ、仮面ライダーオーガが登場してきます。
そして、仮面ライダー555には量産型の仮面ライダーとしてライオトルーパーが登場します。
テレビでは6人がライオトルーパーとして登場して、劇場版では10,000人の大部隊を編成。
ファイズやカイザなどに比べるとスペックは劣るのですが汎用性を備えている特長があります。
仮面ライダー555は、登場人物も多く変身する人も異なるため面白いと人気があります。

お役立ちサイト&関連サイト紹介

女性対応の弁護士と司法書士
借金の返済のこと、司法書士や弁護士へ無料相談してみてはいかがでしょう?女性対応の事務所も活用してみてください。

関連サイト&お役立ちサイトの紹介です。

女性対応の借金返済相談窓口、弁護士と司法書士は?
借金の返済のこと、司法書士や弁護士へ無料相談してみてはいかがでしょう?女性対応の事務所も活用してみてください。